コラム

第41回 神奈川県スポーツ少年団競技別交流大会バレーボ-ル協議会 結果報告

わずか3週間で雪辱を成す。
6月17日(日)全日本予選で、銀河に負けた悔し涙を3週間後に晴らすとは、さらに準決勝ではモルテンカップで負けた、全日本大会予選優勝の北相ボーイズにストレート勝ちには、我ながらビックリ‼
“いつもご支援ご協力をありがとうございます”。

第20回 全国ヤングバレーボ-ルクラブ大会 お礼と大会結果報告

第19回 全国ヤングバレーボ-ルクラブ大会 お礼と大会結果報告

第31回藤沢市スポーツ人の集い表彰チーム

第18回全国ヤングバレーボールクラブ大会結果

  • 第18回全国ヤングバレーボールクラブ大会結果(3部優勝)
    期日 平成27年9月21日(月)会場 大阪府立体育館
             9月22日(月)会場 舞洲アリーナ
    21日 予選グループ戦
    Winds(京都) 2(21-15・21-10)0 藤沢クラブ
    アリアーレ岡山 2(21-19・21-13)0 藤沢クラブ
    22日 3部(B)決勝トーナメント戦
      藤沢クラブ 2(19-21・21-14・15-13)1藤枝リアン
      藤沢クラブ 2(21-14・21-17)0 東伊豆バレーボールクラブ
    戦評
      1日目は、強豪チームのリーグ戦に連敗し、2日目は3部Bトーナメント戦となりました。2回戦からの試合で、1回戦を勝ち上がった藤枝リアン戦は出足が悪く4対12と点差が開いたが、徐々に追い上げ先にセットポイントを取るも、1セット目を失う。2・3セット目はチームに落ち着きができ、普段通りの試合ができました。
      決勝戦も静岡予選では、藤枝に勝っている東伊豆チームであったが、終始先行して危なげなく優勝できました。

      今大会は、関東大会で初優勝して今年こそはと臨みましたが、1日目に負けたWinds
    (京都)は2部で優勝、アリアーレ岡山は1部で3位と一番厳しいグループ戦だと思いす。全国大会のレベルは年々上がっており、来年に向けて猛練習あるのみと感じました。
      残念ながら、今年も1部への進出はできませんでしたが、素晴らしい経験を残して帰ってきました。下級生は11人残っており来年に期待します。
      今後とも、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。
  •  

大会の感想

第8回関東U14クラブチャンピオンシップ男子バレーボール大会に優勝して
期 日  平成27年8月30日(日)
会 場  藤沢市秋葉台文化体育館
 
    大会は、関東各都県から、強化部門8チーム、普及部門8チームが参加し
藤沢クラブは、普及部門で初優勝を成し遂げました。

   1回戦 藤沢クラブ 2(25- 7・21-11)0 DropJYVC (東京都)
   準決勝 藤沢クラブ 2(25-11・25- 8)0 山武のバレー部(千葉県)
   決勝戦 藤沢クラブ 2(25-13・21-13)0 EASTRING(埼玉)

 1回戦は、1番龍也のサーブでいきなり8対0となり全員バレーで圧勝した。
 準決勝戦もサーブがよく入り、コンビバレーを展開し選手たちはバレーボールを楽しんでいた。決勝戦はサブアリーナ‐で試合をしてきた相手で、力量がわからずの対戦であったが、サーブ・レシーブ・アタックと試合を重ねるごとに、よくなる好循環で初優勝を成し遂げた。
 「サーブは世界を征する」恩師の言葉どおり6人のサーブは素晴らしかった。
特に小学6年生の光希は、大会出場中の小学生では、NO1のレシーブと、サーブは素晴らしく、エース詩星のジャンプサーブ9ポイントと共に絶賛の拍手をいただいた。
 創部15年目の節目で、関東大会初優勝はあまりにも圧勝で、感動は大阪まで持ち越しか?  この間、暖かいご支援いただいた、後援会の皆様には感謝申し上げます。
 大阪も頑張ってきます。ありがとうございました。     
荒井勝男

第8回 関東U14クラブチャンピオンシップ男子バレーボール大会で見事優勝した、藤沢クラブのメンバーです。